だんじり祭りの関係者にそれぞれの地域で認知症サポーターになっていただき、認知症の方や家族を支援してもらう活動をする支援団体の輪『だんじり認知症サポーターの輪』

だんじり認知症サポーターの輪とは

だんじり祭り関係者が、認知症の正しい知識を学び、認知症の方やその家族の方を地域で支えて、
住み慣れた町で一緒に暮らして行くための支援活動の輪です。
青年団、若頭会、世話人、相談役が認知症サポーターになっております。
希薄した現代社会において、古き良き日本の町家文化の人と人の輪が、
だんじり祭りを通じて脈々と残っています。
子供から青年、成人、高齢者に至るまで、ピラミッド型のだんじり関係者の人の絆を利用して、
町で認知症の方を支え、認知症に優しい地域としてアピールして行きます。
だんじりの町、泉大津市から始まったこの一大活動の輪を、
大阪は泉州全域のだんじりのあるすべての町に拡げて行きましょう。

我々、『認知症のだんじりサポーター』は、祭礼本番には各町の法被の衣装をまとい、
認知症サポーターの証であるオレンジリングを腕に着けて、だんじりを曳行することで、
地域の認知症の方や家族を支えていると、アピールしています。

だんじり認知症サポーターの輪について

だんじり認知症サポーターの輪の解説・だんじり関係者が認知症サポーターになることのメリット・認知症サポーター養成講座に受け方など。

だんじり認知症サポーターの輪について

写真と解説

各町集合写真・オレンジリングを着けて地車曳行・RUN伴リレーに参加など。認知症のだんじりサポーターに関する写真を随時更新してゆきます。

写真と解説について

よくある質問・お問合せ

認知症サポーターになるには・自分たちの町でも活動を広げたい・ノウハウを知りたいなど・その他、お気軽にお問合せ下さい。

よくある質問・お問合せについて

お知らせ

2018.12.10
平成最後の今年は、大阪市鶴見区(諸口、安田、浜、中茶屋、今津、横提)90名、
和泉市内田町115名、羽曳野市(古市だんじり祭)南町および北町の2町で100名等、
各地区でだんじり認知症サポーターが新たに誕生し、その総計は1,850名を越えています。
2018.12.10
今年度祭礼の各地区のオレンジリングを着けての地車曳行中の写真をアップしました。
2018.09.14
2018年だんじり祭りが岸和田旧市から始まりました。泉州地域がだんじりモード一色になります。
だんじり認知症サポーターは祭礼本番にオレンジリングを手首に着け、
だんじりを曳行することで認知症の方や家族を地域で支えているとアピールしています。
2018.08.18
大阪市鶴見区でだんじり認知症サポーター90名が誕生いたしました。
地域を越えてオレンジリングの輪が広がっています。
2018.03.30
岸和田旧市藤井町二十五人組の皆様が認知症サポーター養成講座を受講。
だんじり認知症サポーターの輪が岸和田に広がっています。
2017.11.06
2017年度祭礼のだんじり認知症サポーターの輪の写真を掲載しました。
2017.09.15
9月29日(金)FMOH!(FM大阪85.1MHz)hug+(DJ大塚由美)
番組内でAM8時50分頃『だんじり認知症サポーターの輪』のことが紹介されます。
2017.08.25
ホームページを公開しました。

アクセス総数 本日: 昨日: